ABOUTトヨタファイナンスについて

働き方改革の取組み施策

テレワーク

テレワーク

「働き方改革」を実現させていくための重要な取組みのひとつとして、2018年4月よりテレワーク制度を導入しました。
当社のテレワークは「社内モバイルワーク」「社外モバイルワーク」「在宅勤務」の3区分で順次拡大しています。

テレワークを活用し、時間や場所に捉われずスピーディーに成果につなげる働き方、通勤時間や隙間時間を有効活用し新たな時間の創出、また多様な働き方を実現していくことにつなげていきます。

トヨタファイナンスは、「テレワーク宣言応援事業」の2018年度の宣言企業として選定されました。

テレワーク宣言企業とは

厚生労働省が、新たにテレワークを開始した企業や、普及拡大が期待される応募企業の中から、「テレワーク宣言企業」として選定するものです。

意識啓発

社外の知見や新しい価値観、スキル・ハウツーを学ぶ機会として、マネジメント層向け、一般社員向けの2種類のセミナーを開催しました。

マネジメント層向け 働き方改革セミナー
マネジメント層向け 働き方改革セミナー

成果と笑顔が共にアップする“イクボス式経営”で働き方改革を実践されてきたNPO法人コヂカラ・ニッポン 代表の川島 高之氏を講師としてお招きし、「生産性の高い職場マネジメント」をテーマにご講演いただきました。

全役員、所属長、マネージャーを中心に約330名が受講。経営視点、マネジメント視点での意識変革、行動変革を学びました。

一般社員向け 働き方改革セミナー
一般社員向け 働き方改革セミナー

生産性向上、時間創出の考え方や具体的なテクニックを学ぶセミナーを開催しました。中堅社員、若手社員を中心に約300名が受講し、自分の業務に活かすとともに、職場での同僚との共有・実践につなげました。

内容
仕事の進め方、メール処理、探し物、スケジューリングなど

プレミアムデーの実施

「しっかり働き、しっかり休む」を合言葉に、メリハリをつけた働き方により、仕事もプライベートも共に充実させるために「プレミアムデー」を2017年7月から実施しています。この取組みでは、職場で相互に協力・調整し合い、全社員が年次有給休暇、半日休暇、フレックス勤務のいずれかを、月1回以上取得・利用できるよう奨励しています。

〔2018年度 平均取得率〕85.5%(前年比1.9ポイントアップ)

【2018年度プレミアムデーポスター】
2018年度プレミアムデーポスター
【2017年度プレミアムデーポスター】
2017年度プレミアムデーポスター