NEWS RELEASE
HOME>ニュースリリース>社長「年頭メッセージ」(骨子)

ニュースリリース

2009年

2009年01月05日

社長「年頭メッセージ」(骨子)

1月5日(月)年初にあたり、トヨタファイナンス株式会社(本社:東京都、社長:藤田 泰久)では、藤田社長から社員に対し「年頭メッセージ」を伝達しました。その骨子は以下のとおりです。

「健全な危機感の共有」と「変化に立ち向かう覚悟」が重要
激変の厳しい環境下で待ち受ける課題を再認識
  • 自動車販売への貢献
  • カード事業の継続的な成長
  • 改正貸金業法、改正割賦販売法の施行に対するシステム及び業務の対応と実行
  • 次世代システムの検討を推進 等
新中期経営計画で掲げた『Growth & Quality 〜“質”的成長への「更なる」チャレンジ』の実行には、“変化”が必要
変わり続ける覚悟を持って、この激変期をチャンスと捉えさらなる成長につなげていきたい

新中期経営計画の「3つの重点取組課題」を、健全な危機感をもって全社一丸で遂行
昨年からスタートした新中期経営計画は順調に推移
しかし、以下3つの重点取組課題は、より一層の健全な危機感を持って、全社一丸となりスピーディーに実行する
  • 『販売店とのパートナーシップ』のさらなる強化
  • 『カードビジネスモデルの変革』の確実な遂行
  • 『新たなビジネスモデルが有効に機能するための次世代基盤の整備』への全社取組み

一体感とパワーの結集で、環境変化に立ち向かう年
昨年は、当社創立20周年を祝い、一体感を大いに高めた
今年は、この一体感とパワーを結集し、皆で新しい環境変化に立ち向かっていく年にしたい

以 上