NEWS RELEASE
HOME>ニュースリリース>大宝タクシーに非接触IC決済サービスを導入

ニュースリリース

2010年

2010年05月26日

大宝タクシーに非接触IC決済サービスを導入
〜 “QUICPayTM”と“iDTM”が使えます 〜

トヨタファイナンス株式会社(本社:東京都、社長:藤田 泰久)は、大宝タクシー株式会社(本社:名古屋市、社長:菱田 宏)と、このたび、同社のタクシーに非接触IC決済サービスを導入することについて合意しました。

具体的には、2010年5月下旬から同社のタクシー42台に、『QUICPay』と『iD』を共用読み取り端末方式にて順次導入し、2010年6月1日以降、全車にてご利用いただけます。本件により、愛知県下で共用読み取り端末方式を搭載するタクシーは、23社の約1,900台となります。

タクシーへの非接触IC決済サービスの導入は、お客さまの利便性向上と同時に、車内のキャッシュレス化がタクシー強盗などの犯罪防止に寄与できるものと考えます。

今後も、利用ニーズの高い地域を中心に、タクシーへの非接触IC決済サービスの導入を、共用読み取り端末方式で引続き推進していく所存です。

以 上

<大宝タクシー導入予定>
事業者名 導入台数 利用開始日
大宝タクシー株式会社 42台 2010年6月1日
※2010年5月下旬から順次導入