NEWS RELEASE
HOME>ニュースリリース>社長「年頭所感」骨子

ニュースリリース

2011年

2011年1月4日

社長「年頭所感」骨子

1月4日(火)年初にあたり、トヨタファイナンス株式会社(本社:東京都、社長:藤田 泰久)では、藤田社長から社員に対し「年頭所感」を伝達しました。その骨子は以下のとおりです。

昨年を振り返ると、前半は政府によるエコカー補助等の施策に支えられ新車の販売は好調に推移したが、エコカー補助金終了後はその反動減が現れた。また、改正貸金業法、改正割賦販売法の施行も大きな転機だったが、皆さんの努力のお陰でスムーズに滑り出すことができた。昨年はこのような環境下で、新しくスタートした中期経営計画の様々な課題に取り組めたと思う。

さて、昨年の年頭に「本年を新しい企業文化創造の元年と位置づけ、このテーマに全社員で取り組みたい」とお話しした。その上で、「(1)会社の目標を共有すること」「(2)上司と部下の対話を活発に行なうこと」をお願いした。その結果、昨年はいろいろな職場で対話が行なわれるようになり、上位職の人材育成に対する思いや言動が格段に進歩し、「役員オフサイトミーティング」での議論を踏まえて役員が動き出すなど、明らかな第一歩を踏み出したとの実感を持っている。

ただ新しい企業文化を創るということは言葉で言うほど簡単ではない。会社で働く全員が目標を共有し、自分がその目標達成に向けてどう関わっていきたいかという主体的な意思の発露がみられるようにならなければならない。

こうした認識のもと、本年は「新たな企業文化創造に本格的に取り組む年」にしたいと思っている。大切なことは、一人ひとりの心構えである。与えられることを待つのではなく、自ら考え、動くという態度を身につけていきたいものだ。当社はまだまだ発展途上の会社。もっともっと存在感のある面白い会社に変容すべく、職場のあちらこちらで活発な議論が展開されることを期待している。

以 上