ABOUTトヨタファイナンスについて

働き方改革

代表取締役社長 宇野 充
代表取締役社長宇野 充

当社は2017年4月より働き方改革を本格的にスタートしました。
大きく変化していく社会と働き方の多様化に対応し、社員一人ひとりが自分らしく活躍できる会社を目指します。
働き方改革を通じて当社が目指す姿とそのステップは次の通りです。 
まずは、生産性向上と多様な働き方により、時間を創出していきます。
次に、創出した時間を①仕事上の新たな課題へのチャレンジ、②自己研鑽や社内外との人的交流、③育児や介護などライフイベントや家族のふれあい、④健康づくり、余暇、趣味等に充てることにより、多様な個人が成長できる環境をつくっていきます。
この環境のもとで、個人の成長が組織・会社の成長につながり、組織・会社の成長が個人の充実と成長を促すといった「個人と組織の持続的成長サイクル」がまわる働き方を実現していきます。このような働き方を通じて、お客さまへの付加価値提供を目指しています。

当社の働き方改革の目指す姿とそのステップ

働き方改革を実現する6つの軸
STEP1 時間の創出

各職場での業務の見直し、ITを活用した新しい仕事のやり方・仕組みなどによる生産性向上。また時間や場所に捉われない柔軟で効率的な働き方により、新たな時間を創出します。

STEP2 個人・組織の成長

Step 1で創出した時間を、仕事上の新たなチャレンジ、自己研鑽、育児・介護などのライフイベント、健康づくりなどに充てることにより、個人が成長し、組織・会社の成長につなげます。

STEP3 お客さまへの付加価値提供

個人と組織の持続的成長サイクルがまわり、お客さまに付加価値の高い商品・サービスを提供します。

個人・組織の持続的成長サイクル

個人・組織の持続的成長サイクル

働き方改革を実現する6つの軸

「働き方改革」を以下の6つの軸で進めています。 
人事や環境整備のハード面、人材育成や企業文化変革のソフト面の両輪で進めています。

働き方改革を実現する6つの軸