ABOUTトヨタファイナンスについて

健康経営

トヨタファイナンスは、従業員のこころとからだの健康を大切に考える「健康でいきいきとした職場づくり」に取り組んでいます。従業員が健康でいきいき働き続けることで、「期待を超える金融サービスで、モビリティ社会の未来とお客様の笑顔を創造する」ことが実現できると考えています。
心身の健康は、従業員にとって、また家族にとっても大変重要です。全従業員が、心身ともに健康でやりがいを持って働き、「この会社で働いて良かった。有意義な時間を過ごせて良かった」と思えるようにしたいと強く思っています。
また、「失敗を恐れず学ぶことで、次につながる挑戦」を、行動指針におく当社は、健康面にも通じることであり、一人ひとりの幸せに繋がる「より良い生活習慣改善への挑戦」を積極的に支援し、健康保険組合と連携した『健康増進・疾病予防活動』に取り組んでいます。

トヨタファイナンスが大切にしている、健康経営への考え方や主な取り組みなどについて、ご紹介します。

当社は、従業員のこころとからだの健康を大切に考える、『健康でいきいきとした職場づくり』に取り組んでいます。
従業員が健康でいきいき働き続けることで、お客さまのうれしさへつながる職場環境を目指しています。

「3つの意識」向上を大切にします。

「健康経営優良法人2022 大規模法人部門(ホワイト500)」に認定されました。

2022健康経営優良法人(ホワイト500)

「健康経営優良法人認定制度」とは、経済産業省と日本健康会議が共同で、特に優良な健康経営を実践している法人を評価し、認定する制度です。
特に「従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる法人」の上位500社のみが「「ホワイト500」と認定されます。
トヨタファイナンスは今期2869社の申請の中、「ホワイト500」に認定されました。今後も健康経営優良法人として、さらなる健康経営に取り組んでまいります。

『健康でいきいきとした職場づくり』を目指した取り組み

健康管理体制

  • 経営トップ自らによる従業員への健康増進・疾病予防に係る情報の発信
  • 安全衛生委員会を通して、健康経営に係る議題の審議・情報共有
  • 健康診断結果をデータ化し社内システムで一元管理することでパソコン画面ですぐ確認可能
  • 健康診断結果による特定保健指導の積極的支援(健康に関するリスクが重なりだした段階)対象者への2021年度特定保健指導実施率80%目標設定(2020年度は60%)段階的に100%を目指す
    積極的支援者を減少させることは、肥満、高血糖、脂質異常、高血圧、喫煙等、総体的な健康改善に繋がるため
  • 「心とからだの相談窓口」で、産業医・保健師による職場でのコミュニケーションや生活習慣改善に向けた相談対応実施
保健師による心とからだの相談会
保健師による心とからだの相談会

全面禁煙

  • 2020年1月~就業時間内禁煙
  • 2021年4月~全面禁煙へ移行 喫煙や受動喫煙による健康リスクの極小化を図るとともに喫煙に伴う生産性や職場モラル低下を防ぐため
  • 禁煙セミナー開催、禁煙セミナーDVD貸出
  • オンライン禁煙プログラム実施
  • 2021年度喫煙率19.0%目標設定(2020年度は21.3%)2023年度16.5%を目指す

新型コロナウイルス感染症対策

  • 新型コロナウイルス感染症への対応マニュアルを作成し、疑似者発生時の運用を確立
  • パーテーション、消毒液、アルコールウェットティッシュ設置
  • 在宅勤務、フレックス制度による時差出勤を積極活用
  • 可能な限りWeb会議、電話会議活用

TFCウェルネス教育

従業員一人ひとりが心身ともに健康で、笑顔で働き続けられることができる「知識・スキル」を学べる・考える機会を創出
全社教育においては2021年度参加率100%、約2,000名が参加。
任意研修の「仕事のパフォーマンスを高める睡眠セミナー」は2021年度約400名参加。

※「ウェルネス」とは
日本語に訳すと「健康」を指します。同意語の「ヘルス」との違いは、「ヘルス」は「病気でないこと」という肉体的な意味で解釈されていますが、「ウェルネス」はもっと広く、病気ではないという肉体的な意味はもちろんのこと「精神的にもいきいき生きていること」を指します。

TFC ウェルネス教育ツール例
「こころ」と「からだ」の両輪で健康づくり