NEWS RELEASE
HOME>ニュースリリース>新会社設立に関する合弁契約の締結について

ニュースリリース

2018年

2018.09.28

新会社設立に関する合弁契約の締結について

トヨタファイナンス株式会社
住友三井オートサービス株式会社
日野自動車株式会社

トヨタファイナンス株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:宇野充、以下「TFC」)、住友三井オートサービス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:露口章、以下「SMAS」)、日野自動車株式会社(本社:東京都日野市、代表取締役社長:下義生、以下「日野」)、の3社は、商用車領域における新会社(MOBILOTS(モビロッツ)株式会社、本社:東京都新宿区、以下「MOBILOTS」)の設立に合意しました。

TFCの日野キャプティブファイナンス事業とSMASの東西ロジスティクス営業本部が行なっているトラック・バスのファイナンス・リース事業を集約し、独占禁止法のクリアランスを経て2019年2月に設立する予定です。

現在は自動車産業の大変革期と言われ、物流業界をはじめとするトラック・バス市場においてもさまざまな課題が顕在化しつつあります。また、今後、自動運転やコネクティッドといった新しい技術の開発・普及により商用車を取り巻く環境は大きく変化し、「所有」から「利用」へのシフトが進み、商用車の新しい使い方のニーズが高まってくることが予想されます。

MOBILOTSは、TFCが持つトヨタグループの販売金融会社として30年間培ったノウハウと資金調達力、SMASが持つファイナンス・リースの高い専門性とマルチブランドを取り扱うことによる提案力、日野が持つ車両やICT等の技術力と日野車の販売・整備を通じたお客様とのつながりという組み合わせが強みです。その強みを活かし、現行のファイナンス・リースの提供に加え、コネクティッド技術など新しい技術を活用し、商用車を利用されるお客様の多様化するニーズや課題にOne to Oneでお応えします。最高にカスタマイズされたトータルサポートを提供し、お客様の利便性の向上に貢献してまいります。

<参考資料>
■会社概要
正式名称:MOBILOTS株式会社
本社所在地:東京都新宿区を予定
代表者:木内 宏成(予定)   ※現TFC執行役員
事業概要:商用トラック・バスのファイナンス・リース事業
株主構成:トヨタファイナンス50.1%、住友三井オートサービス33.4%、日野自動車16.5%
資本総額:150億円
設立年月:2019年2月(予定)
従業員数:約160名

■社名について
新会社名であるMOBILOTSは、「ヒト・モノの移動における課題に応え続ける」との思いを込めた、「Mobility & Logistics Total Support」を語源としています

■MOBILOTS企業ロゴ

MOBILOTS企業ロゴ

■調印式写真

調印式写真

以 上