NEWS RELEASE
HOME>ニュースリリース>『ヤマザキマザック美術館』にQUICPay(TM)導入

ニュースリリース

2010年

2010年04月22日

『ヤマザキマザック美術館』にQUICPayTM導入
〜入館料および館内飲食店のお支払いがキャッシュレスに〜

トヨタファイナンス株式会社(本社:東京都、社長:藤田 泰久)は、4月23日(金)に名古屋市東区で21世紀の新しい都市型美術館として開館する『ヤマザキマザック美術館』の館内に、クレジットカード決済および非接触ICによる小額決済サービス「QUICPay」を導入します。

具体的には、同美術館において代金のお支払いが必要となる入館料、および館内飲食店4カ店での飲食代について、クレジットカード決済およびQUICPayのご利用が可能となるものです。

当社といたしましては、引き続きQUICPayを主軸とする様々な、かつご利用シーンに合わせた決済手段の提供を推進し、利便性・安全性を兼ね備えた小額決済サービスの拡大、ひいてはキャッシュレス社会の実現を目指してまいります。

【導入内容】
□美術館入館料
 一般:1,000円、18歳未満500円など

□飲食店での飲食代

テナント名 料理カテゴリー
レストラン 壺中天(コチュウテン) フランス料理
ワインバー ラ・フェット バー
トラットリア トペ イタリア料理
カフェテリア トペ カフェ

以 上